新年度が苦手。新しい環境になじめるように生きていく方法。大人編・子供編

皆様、お疲れ様です。

 

4月から新生活や新しい環境で過ごしている方もたくさんいると思いますが、いかがですか?

いつもと違う環境って大人も子供も苦手な人多いですよね。大人の方が多いかな?

 

なので、新しい環境になじむコツを大人編と子供編で軽くまとめてみました。 

 

大人が環境に馴染むコツ

 

f:id:paint_54da:20190412113742j:plain

新しい環境は大きなストレスを感じますよね。

特に変化に弱い人は周りに気を遣いすぎてる人に多いです。 

 

挨拶

 

挨拶って第一印象でとても重要。

挨拶するのが緊張する人は、目があったら口角あげてにっこりしてみて下さい。

でもあまりニヤニヤしてたら怪しい人と勘違いされるので注意。

 

にっこり笑顔も難易度高い人は、とりあえず会釈だけでもgoodです。

 

聞き上手になる

 

無理に話かけなくても良いです。

ただ、喋りかけられたら「なるほど」「そうだね」「うんうん」など相槌をとるだけでかなりの好印象ですよ。

 

成長のチャンス

 

新しい環境は自分が成長する絶好のチャンスです。

今までとは違う状況になっても、「こういう事もあるんだな」と新鮮な気持ちで対応していくと、新しい環境も楽しめるようになります。

 

子供が環境に馴染むコツ

 

f:id:paint_54da:20190412113420j:plain

入園・入学で泣いているお子さん、たくさんいますよね。

我が子も昔は泣いてました。

 

親が深入りしない

 

心配になって過保護になりすぎないで下さい。

親が焦ってアレもコレも手出しすると子供が自立できません。

 

例えば子供が保育園や学校の玄関で泣いても、サッと先生に任せて親はすぐ帰る!

 

親がいつまでも園や学校に残っていると子は余計泣きます。

 

かなり心配になりますが、お子さんを信じてあげて下さい。

 

子供の気持ちに寄り添う

 

子供も新しい環境でストレスを抱えながら頑張っているので、家庭ではたくさん抱きしめたりスキンシップをとって、愛情を伝えましょう。

 

そして子供の話をゆっくり聞いて、同調してあげて下さい。

親が肯定的に話を聞いてくれると、子供は安心します。

 

休んでもいい 

 

一度休むと休み癖がつくと思いがちですが、意外と大丈夫です。←経験済

園や学校の事で悩んでいるお子さんに、家庭でも親から「学校行きなさい!」と言われてたらお子さんの居場所がなくなります。

 

休みたい・・と訴えてきたら、広い気持ちで休ませてあげてほしいです。

 

まとめ

 

新しい環境って、とってもラッキーチャンスです。

大人も子供も驚くほど成長します。

 

たとえどんなマイナスな状態になっても、〔これは成長するチャンスなんだ〕って思えれば、きっと強い心が芽生えます。

 

あとはたくさんいろんな経験を積んでみて下さい。経験豊富になると、適応する能力がつきますよ。

 

皆さんの新生活が充実した毎日になるよう応援しています。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村